要注意!太りやすい食べ合わせとは?

糖質=甘いもの⇒太るもの
と思われがちですが、糖質(炭水化物)には大きく分けて3種類あります。

【単糖類】ブドウ糖、果糖など
【二糖類】砂糖など
【多糖類】穀物デンプン

いずれも体内で最終的には、ブドウ糖に分解されて、腸で吸収されます。でも分解過程の少ない、単糖類や二糖類は、多糖類に比べると消化吸収が速く、インスリンの分泌を促すのも速いため、体脂肪になりやすい性質があります。このため甘いものは太りやすいと言われるんですね。

一方、ご飯やパンなどの穀類、イモ類、とうもろこし、栗、バナナなどには多糖類が多く含まれます。カロリーが同じでも、甘みを感じる単糖類や二糖類よりも分解速度が遅いため、太りにくいといえますが、それでも過剰にとれば体脂肪として蓄積されてしまうので注意が必要です。

ただ、ダイエットの目のかたきになりやすい糖質ですが、完全にカットしてはいけません!糖質は脂肪燃焼の火付け役ともなり、脳の重要なエネルギーにもなるので、毎日一定量は必要だからです。ダイエット中でもごはんならお茶碗に軽く1杯、食パン1枚程度はとりましょう。

そして代謝にかかわるビタミンB群もこのとき一緒にとることも忘れずに。ビタミンB群は、体に取り入れた糖質や脂質をエネルギーとして消費する時に必要だからです。不足すると、エネルギーの代謝がうまくいかずに、余分な体脂肪をつけてしまうことになります。

又、最も太りやすい食べ合わせといわれるのが、【脂肪+砂糖】の食べ物です。砂糖などの消化吸収がよいものは、インシュリンを急激にしかも大量に必要とします。インシュリンはすい臓から出されるホルモンですが、この時加速度がついて必要以上のインシュリンが分泌されると、血液中のインシュリン濃度が高くなります。このインシュリンには糖を脂肪に合成し、脂肪細胞に取り込みやすくする作用があるため、太りやすくなるんです。

大量に出たインシュリンが脂肪を溜め込もうと働く、つまりそんなに食べてないのに・・・効率よく太ってしまうことになってしまうのです。

ヴェルク100イポロン 激安 送料無料
デリケートなお肌、年齢とともに気づかないうちに顔や首、胸元やワキなどにできてしまうとっても気になる「ポツポツ」。人工皮膚成分バチルス発酵液(ケラトリン)とハトムギの種子部分(ヨクイニン)から抽出された濃縮成分ヨクイニンエキスが首やワキなど気になる部分を集中的にケア。お肌のキメを整え、なめらかに保つ100%原液エッセンス♪

低インシュリンダイエットとは?

キレイにやせるダイエット関連記事
キレイになる食べてやせるダイエット!|ダイエットに早起きがいい理由|ダイエット向きの食品とは?|要注意!太りやすい食べ合わせとは?|低インシュリンダイエットとは?|低インシュリン食品とは?|低インシュリンダイエットのポイント|にがりダイエットで低インシュリン効果|玄米ダイエットでマクロビオティック!|玄米ダイエット驚きのパワー|五穀米ダイエットでキレイになる|五穀米ダイエットでピカピカ・ボディ!|豆腐ダイエットで魅力的なボディ!|豆乳ダイエットで美肌づくり|簡単!美肌になる豆乳ダイエット方法|プロテインダイエットで燃焼しやすい体へ|プロテインダイエットで効果的なのは?|たまねぎダイエットでデトックス!|たまねぎダイエットの効果的方法|キャベツにダイエット効果がある理由|キャベツダイエットの効果的な方法|杜仲茶ダイエットでメタボも解消!|チョコレートダイエットの効果と注意点|チョコレートダイエットの重要ポイント|寒天ダイエットに要注意!?