豆腐ダイエットで魅力的なボディをつくる!

ダイエット中でもしっかりとりたいタンパク質。タンパク質は、骨や筋肉、皮膚や髪の毛を作るもとになるので、これが不足すると、せっかくやせても肌はガサガサ、髪の毛はボロボロ、さえない顔色・・・とても魅力的にはなれません。そこでダイエット中のタンパク質補給でおススメするのが豆腐です!

豆腐ダイエットは、その名のとおり、豆腐を使ったダイエットですが、主食のごはんなどを豆腐に替えたり、肉の代わりに豆腐を使った豆腐ハンバーガーにするなど、豆腐を中心とした食事にするダイエット方法です。

豆腐は大豆が原料。煮た大豆を分離機にかけて、豆乳とおからに分けて、その豆乳に【にがり】を加えて固めると出来上がります。

大豆はタンパク質が豊富で、しかも低カロリー。ただ消化吸収がよくないのが難点です。でもこの難点をカバーして消化吸収しやすくした豆乳や豆腐は、タンパク質、脂質、カルシウム、リン、ビタミンB1、鉄分、亜鉛など大豆の持つ栄養価をほとんど失うことなく保っています。

また、豆腐に含まれる【大豆イソフラボン】は、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で、ダイエット効果、美容効果だけでなく、いろいろな健康効果があります。悪玉コレステロールを減らすうえ「善玉」と呼ばれるHDLコレステロールを増やすこと、動脈硬化、ガンの予防、さらに女性ホルモン【エストロゲン】に似た働きをする作用があります。ストレスや加齢などさまざまな要因による女性ホルモンの不足を、イソフラボンが補ってくれるので、骨粗鬆症の予防、更年期障害、生理不順緩和、美肌になるなど女性特有の症状にも効果があるんです。
(その他の大豆の優れた栄養成分について>>)

このように、栄養価が高く、低カロリーの豆腐はいろいろな料理に使えるので、ダイエットにうまくとりいれるといいですね。

●豆腐のカロリー
絹ごし豆腐140g=80kcal
もめん豆腐105g=80kcal
生揚げ(揚げた豆腐)55g=80kcal
焼き豆腐90g=80kcal

絹ごし豆腐はビタミンB1・B2・ビタミンEが多く、木綿豆腐は、たんぱく質、カルシウムの量が多くなります。木綿豆腐一丁(300g)でおよそ20gのタンパク質。リノール酸はコレステロール値 を下げたり、大豆オリゴ糖は、 腸の働きを活発にし、栄養分の吸収性を高め、老廃物を排出する働きもあるので便秘解消にも効果があります。

バイオイル 通販セール 送料無料
完治した傷跡やストレッチマークなど、跡ケアするスペシャル保湿オイル。「跡ケア」が盛んに行われている海外では1987年に発売以来ロングセラー、大人気商品。ビタミンA・E(製品の抗酸化成分)やローズマリー、ラベンダーなど4種類の植物オイル&エキス(エモリエント成分)を配合、独自開発の「ピュアセリンオイル」を加えることでオイル特有のベタつきをおさえ、角質層深部まですーっと浸透♪軽い使用感、有効成分をしっかり肌に届ける美容オイル♪

豆乳ダイエットで美肌づくり

キレイにやせるダイエット関連記事
キレイになる食べてやせるダイエット!|ダイエットに早起きがいい理由|ダイエット向きの食品とは?|要注意!太りやすい食べ合わせとは?|低インシュリンダイエットとは?|低インシュリン食品とは?|低インシュリンダイエットのポイント|にがりダイエットで低インシュリン効果|玄米ダイエットでマクロビオティック!|玄米ダイエット驚きのパワー|五穀米ダイエットでキレイになる|五穀米ダイエットでピカピカ・ボディ!|豆腐ダイエットで魅力的なボディ!|豆乳ダイエットで美肌づくり|簡単!美肌になる豆乳ダイエット方法|プロテインダイエットで燃焼しやすい体へ|プロテインダイエットで効果的なのは?|たまねぎダイエットでデトックス!|たまねぎダイエットの効果的方法|キャベツにダイエット効果がある理由|キャベツダイエットの効果的な方法|杜仲茶ダイエットでメタボも解消!|チョコレートダイエットの効果と注意点|チョコレートダイエットの重要ポイント|寒天ダイエットに要注意!?