豆乳ダイエットで美肌づくり

最近ではアメリカでも豆乳をはじめとする大豆製品が大人気! アメリカ食品医薬品局(FDA)が、【大豆たんぱく】には心臓病の危険性を下げる効果があるとして、大豆製品のラベルに健康表示することを認可したこともあり、いろいろな大豆加工品が店頭に並ぶようになりました。中でも特に人気なのがSOY MILK(豆乳)。チョコレート味やストロベリー味などバラエティーにとんだ豆乳がいろいろあります。

豆乳とは?

大豆をゆでてすりつぶし絞り出した液体で、大豆加工品の中で最も消化吸収がいいといわれています。

そして豆乳の注目すべき成分は、【大豆イソフラボン】。
イソフラボンはフラボノイドの一種で、女性ホルモンの《エストロゲン》と似た構造とはたらきを持つといわれ、これが女性特有の症状(生理不順、生理痛、更年期障害、骨粗しょう症など)を改善する効果があるんです。

美肌をつくり、若々しく保つには、この女性ホルモン《エストロゲン》が活発に分泌されることが重要です。いつまでもキレイでいるためにも【大豆イソフラボン】でホルモンバランスを整えましょう。

また、【大豆サポニン】には、有害物質を体外に排出する、余分な脂肪や糖分を体外に排出する、コレステロールの吸収を抑えて分解するなどの働きがあります。老化のもとになる脂肪酸の酸化防止したり、活性酸素の作用を抑えたりする働きをしたり、アンチエイジング効果もあります。

そして【大豆レシチン】には、血管内でコレステロールが固まらないようにする働きがあるため、動脈硬化予防をしたり、 神経伝達物質として働くため、記憶力や集中力を高め、脳の老化防止にも役立つことが知られています。

さらに豆乳に含まれる【オリゴ糖】には、便秘を解消する効果があります。オリゴ糖が腸の中で腸内細菌(ビフィズス菌や乳酸菌)善玉菌の栄養になり、善玉菌と活性化したり、水分を吸着して腸の働きを促したりするためです。

豆乳は、鉄分(牛乳の10倍)やマグネシウムなどのミネラル分が豊富ですが、ビタミンAやビタミンCは含まれていません。牛乳などの乳製品に含まれるカルシウムは吸収率がよく含有量も多いので、カルシウムを摂取したい場合は牛乳(低脂肪牛乳)、ダイエットには低脂質でノンコレステロールの豆乳を飲むことがおすすめ!

ジンジャラー ホットスクラブ 送料無料
温感マッサージですっきり、そのまま入浴して発汗させる塗って入る入浴剤。マッサージ感を高めるホワイトスクラブと、天然シチリア産塩配合で全身の肌を引き締めすっきりと♪ホット成分、ショウガエキス、トウガラシエキス配合で温感効果、入浴による発汗を促進♪テモンエキス、ハニー配合ですべすべとしたツヤのある肌に♪ジンジャーレモンの香り。冷え性改善にも♪

簡単!美肌になる豆乳ダイエット方法

キレイにやせるダイエット関連記事
キレイになる食べてやせるダイエット!|ダイエットに早起きがいい理由|ダイエット向きの食品とは?|要注意!太りやすい食べ合わせとは?|低インシュリンダイエットとは?|低インシュリン食品とは?|低インシュリンダイエットのポイント|にがりダイエットで低インシュリン効果|玄米ダイエットでマクロビオティック!|玄米ダイエット驚きのパワー|五穀米ダイエットでキレイになる|五穀米ダイエットでピカピカ・ボディ!|豆腐ダイエットで魅力的なボディ!|豆乳ダイエットで美肌づくり|簡単!美肌になる豆乳ダイエット方法|プロテインダイエットで燃焼しやすい体へ|プロテインダイエットで効果的なのは?|たまねぎダイエットでデトックス!|たまねぎダイエットの効果的方法|キャベツにダイエット効果がある理由|キャベツダイエットの効果的な方法|杜仲茶ダイエットでメタボも解消!|チョコレートダイエットの効果と注意点|チョコレートダイエットの重要ポイント|寒天ダイエットに要注意!?