美肌に効くビタミン

ビタミンC
ビタミン・ミネラルは体にとってどれも必要ですが、美肌を作る上で特に重要な働きをするのが、ビタミンCです。抗酸化作用があって、肌のしみやしわ、老化を防ぐ働きがあることはよく知られていますが、もうひとつ重要なことがあります。それは、コラーゲンを体内で合成するときにビタミンCが必要不可欠だということです。そして肌にみずみずしさを与えるヒアルロン酸もコラーゲン繊維の間で働くため、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「ビタミンC」の3つは、それぞれの相乗効果を考えて一緒にとることが大切なんです。

またビタミンCには、美容の敵ストレスを和らげる作用もあります。ストレスや喫煙などで大量に失われやすいので、日ごろからたっぷり補給しましょう。

ビタミンCを多く含む食品
柑橘類(レモン、ライム、オレンジ、グレープフルーツ)いちご、アセロラ、キウイフルーツ、トマト、グァバ、パパイヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、ブラックベリー、カリフラワー、ほうれん草、マスクメロン、ブルーベリー、パセリ、サヤエンドウ、ピーマン、サツマイモ

ビタミンE
ビタミンEは抗酸化作用があり、老化の原因となる過酸化物質の生成を防ぐ働きをします。(アンチエイジング効果)
また毛細血管が拡がって、血液の流れがよくなるので、新陳代謝も高まり、美肌効果もあります。そして、ホルモン分泌の調整をするので、女性特有の症状(更年期障害、月経不順など)の改善にも効果があるといわれています。

女性にとっては欠かすことができないこのビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ると、CがEの抗酸化作用をより高めてくれるといわれています。そしてビタミンEは脂溶性のビタミンですが、酸化しやく、熱に弱いので、新鮮なものからとる必要があります。

ビタミンEを多く含む食品
ゴマ、ナッツ類、魚卵、モロヘイヤ、ほうれん草、アボガド、ドリアン、植物油(小麦胚芽油、大豆油など)、豆類、あんこう

ビタミンA
ビタミンAには、粘膜を正常にし、髪を健康に保ったり、肺・気管支などの呼吸器系統の病気の感染に対して抵抗力をつけるほか、生殖機能を維持したり、成長を促進するなどの働きがあります。

美容面では皮膚の新陳代謝を活発にし、ハリをよみがえらせる効果もあります。ビタミンAが不足すると、潤いがなくなって肌がかさかさになったりします。

脂溶性のビタミンなので、摂りすぎると過剰症が出ることもあります。サプリメントなどからビタミンAを取るときには、摂取量を守りましょう。

ビタミンAを多く含む食品
バター、肝油、チーズ、牛乳、レバー、ウナギ、緑黄色野菜(モロヘイヤ、ほうれん草、人参、カボチャ、トマト)

ボディケアスクラブS siobijin 激安 送料無料
大地真央さんがアンチエイジングな肌の美しさを保つためのアイテムとして10年以上愛用されているロングセラー製品|

NEWパイナップル+豆乳ローション 通販セール
2週間経ってもムダ毛が生えない!?光沢のあるつるピカ白肌が手に入ると大人気!|

美肌になるカギは女性ホルモン

美肌になる関連記事
美肌のために重要な成分とは?|美肌に効くビタミン|美肌になるカギは女性ホルモン|美肌のカギ・女性ホルモンを分泌させる|正しいスキンケア方法で美肌になる|美肌は夜つくられる|ニキビの原因とは?|ニキビを防ぐには?|大人ニキビとは?|ニキビを退治する手作り美肌パック♪|毛穴の仕組みとは?|毛穴の黒ずみの原因は?|毛穴ケア・正しい手入れ方法|毛穴ケアのための手作り美肌パック♪|シミができる原因とは?|シミを防ぐ紫外線対策・UVケアについて|シミを防ぐ紫外線対策・UVケアの方法|シミをなくす方法とは?|たるみの原因とは?|たるみをなくす方法とは?|顔のたるみをとるリンパマッサージ方法|表情筋を鍛えて顔のたるみをとる方法|しわの原因とは?|シワをなくす方法とは?|法令線をなくす指圧マッサージ