低インシュリン食品とは?

血糖値の上昇率を表す指標を【グリセミック指数】【グリセミック・インデックス】【GI 値】といいます。これは、ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100としたときの、それぞれの食べ物の上昇率を示すものですが、この数値が低い食品が、血糖値の上昇率が低い、つまり太りにくいというわけです。

食事をして血糖値がゆっくり上昇している間に、糖がエネルギーとして使われれば、体脂肪として蓄積されない、つまり太らないというわけですね。

ただ、このGI 値は、食べ合わせや、咀嚼回数、個人差などによっても違いが出てくるので、せっかくGI 値の低い食品を選んでも、必ずしも数値どおりとはいきません。

それでもGI値の高い食品にはいくつか共通した特徴があるので、
食品を選ぶ際に注意するといいでしょう。

【GI値の高い食品】
・消化の早いもの
・米や麦の精白度が高いもの
・野菜ではじゃがいも、にんじん
・野菜ジュース、果物ジュース

でもいくらGI 値の低い食品ばかり食べたとしても、食べ過ぎてエネルギーとして消費されなければ、脂肪となり太ってしまいます。ただ、これまで食べていたGI値の高い食品を、低い食品に代えてみるだけでもダイエット効果は期待できますよ!

足用パック ダッピー 通販セール 送料無料
履くだけで簡単、角質ケア!7日後衝撃の変化!「ダッピーDappy」は、足裏のガンコな角質、自然にはがれプニプニ素足に導くフットピーリング。両足用1回分、対応サイズは26cm以下。肌の自然なターンオーバーと日常生活で生じる摩擦により、不要になった古い角質が、5-7日後自然にはがれ落ちるので、お肌にかかる負担を最小限に抑え、素足美人に♪

低インシュリンダイエットのポイントとは?

キレイにやせるダイエット関連記事
キレイになる食べてやせるダイエット!|ダイエットに早起きがいい理由|ダイエット向きの食品とは?|要注意!太りやすい食べ合わせとは?|低インシュリンダイエットとは?|低インシュリン食品とは?|低インシュリンダイエットのポイント|にがりダイエットで低インシュリン効果|玄米ダイエットでマクロビオティック!|玄米ダイエット驚きのパワー|五穀米ダイエットでキレイになる|五穀米ダイエットでピカピカ・ボディ!|豆腐ダイエットで魅力的なボディ!|豆乳ダイエットで美肌づくり|簡単!美肌になる豆乳ダイエット方法|プロテインダイエットで燃焼しやすい体へ|プロテインダイエットで効果的なのは?|たまねぎダイエットでデトックス!|たまねぎダイエットの効果的方法|キャベツにダイエット効果がある理由|キャベツダイエットの効果的な方法|杜仲茶ダイエットでメタボも解消!|チョコレートダイエットの効果と注意点|チョコレートダイエットの重要ポイント|寒天ダイエットに要注意!?