シミを防ぐ紫外線対策・UVケアの方法

シミを予防するために、外出するときは、必ず紫外線対策を忘れずに!
衣服は白系より黒系のほうが紫外線の遮断効果が高いといわれます。また、綿やポリエステル、木綿混紡の生地が紫外線防止に効果があるといわれています。

また紫外線の多い日には、UV加工された日傘やつばの広い帽子をかぶったり、紫外線防止効果のある色の薄いサングラスをかけることも大切です。

そして、日焼け止めクリームやローションなどを上手に使用しましょう。日焼け止めには「SPF値」と「PA値」があるので、用途に合った使い分けをすることも大事です。

SPF(Sun Protection Factory)
このSPFは、紫外線「UVB」(中波長)を防止する指数で、このSPFの効能が20分前後と言われています。このSPF値が高い程、紫外線を防ぐ効果が長くなります。日本ではSPF50+が最大値。

PA(Protection grade of UVA)
PAは、紫外線「UVA」(長波長)を防止する指数で+の数によって三段階で表示されています。+の数が多い方が効果が強くなります。

シミ・そばかすを防ぐには、「SPF」の数値が高い日焼け止めクリームを使用するほうがいいと考えがちですが、効果が高い日焼け止めクリームは、紫外線が当たると、それ自体も酸化して肌を乾燥させるなど、肌に無理な負担をかけてしまいます。そのため、日焼け止めクリームは、用途にあったものを選ぶ必要があります。

1年のうちで特に紫外線の多い4月から8月の時期に、スポーツや海水浴などをする時は、「SPF」「PA」値の高い日焼け止めクリームを使い、紫外線量が比較的少ない曇りの日の外出時などには、それほど効果が高くない日焼け止めクリームを使いましょう。SPF15のものが肌に負担もかけず、強くUVケアすることがわかっています。

シミをなくす方法とは?

美肌になる関連記事
美肌のために重要な成分とは?|美肌に効くビタミン|美肌になるカギは女性ホルモン|美肌のカギ・女性ホルモンの分泌を活発にさせるには?|正しいスキンケア方法で美肌になる|美肌は夜つくられる|ニキビの原因とは?|ニキビを防ぐには?|大人ニキビとは?|ニキビを退治する手作り美肌パック♪|毛穴の仕組みとは?|毛穴の黒ずみの原因は?|毛穴ケア・正しい手入れ方法|毛穴ケアのための手作り美肌パック♪|シミができる原因とは?|シミを防ぐ紫外線対策・UVケアについて|シミを防ぐ紫外線対策・UVケアの方法|シミをなくす方法とは?|たるみの原因とは?|たるみをなくす方法とは?|顔のたるみをとるリンパマッサージ方法|表情筋を鍛えて顔のたるみをとる方法|しわの原因とは?|シワをなくす方法とは?|法令線をなくす指圧マッサージ