シミができる原因とは?

いつの間にかできてしまったうすい黒色の斑点、シミ(しみ)。シミは皮膚にあるメラニン色素が沈着して起こるもので、ホルモンバランスの変化や肌荒れ、老化などいろいろな原因がありますが、中でも紫外線が大きく関係しています。

もともと人間の皮膚の下層には、色素形成細胞のメラノサイト が存在していて、このメラノサイトは、紫外線が肌に当たると、有害物質を肌の内部にまで侵入させないようにメラニン色素を作り出します。こうして、紫外線からお肌を守るために作り出されたメラニン色素ですが、徐々に肌表面に浮上していき肌を黒くします。これが日焼けした状態です。

通常、肌の組織は28日周期で生まれ変わるので(肌のターンオーバー)、この新陳代謝がスムーズに行われると、メラニン色素は自然と剥がれ落ち、肌は元の色に戻ります。

ところが肌の新陳代謝が悪く、ターンオーバーが低下すると、このメラニン色素が肌のところどころに残って色素沈着を起こし、しみ(シミ)となってしまうのです。

さらにメラノサイトがメラニン色素を作り出すのは、活性酸素が大きく関係しているといわれています。活性酸素は、本来は体にウィルスなどが侵入しないように働くものですが、過剰に発生すると、体に様々なトラブルが生じます。そして活性酸素は、紫外線だけでなく、ストレス、睡眠不足、過剰な食品添加物、ミネラル・ビタミン不足など、いろいろなことが原因で発生します。

このようにシミをつくらないためには、紫外線対策だけでなく、ストレス解消、食生活、規則正しい生活などを心がけて、活性酸素を発生させないようにすることも大切です。

シミを防ぐ紫外線対策・UVケアについて

美肌になる関連記事
美肌のために重要な成分とは?|美肌に効くビタミン|美肌になるカギは女性ホルモン|美肌のカギ・女性ホルモンの分泌を活発にさせるには?|正しいスキンケア方法で美肌になる|美肌は夜つくられる|ニキビの原因とは?|ニキビを防ぐには?|大人ニキビとは?|ニキビを退治する手作り美肌パック♪|毛穴の仕組みとは?|毛穴の黒ずみの原因は?|毛穴ケア・正しい手入れ方法|毛穴ケアのための手作り美肌パック♪|シミができる原因とは?|シミを防ぐ紫外線対策・UVケアについて|シミを防ぐ紫外線対策・UVケアの方法|シミをなくす方法とは?|たるみの原因とは?|たるみをなくす方法とは?|顔のたるみをとるリンパマッサージ方法|表情筋を鍛えて顔のたるみをとる方法|しわの原因とは?|シワをなくす方法とは?|法令線をなくす指圧マッサージ