たるみをなくす方法とは?

たるみは老化現象だから仕方がない・・・なんてあきらめることはありません。予防することで、ある程度進行を遅らせることができるからです。

まずは、紫外線対策。活性酸素が、肌の真皮層を傷つけ、老化を早めてしまいます。活性酸素は、紫外線だけでなく、ストレス、喫煙、睡眠不足、過剰な食品添加物、ミネラル・ビタミン不足など、いろいろなことが原因で発生します。活性酸素対策することで、肌のターンオーバーのサイクルを正常にして、新陳代謝を高め、新しい細胞が再生されやすくなります。活性酸素を過剰に発生させないように、日ごろから生活習慣を正すことが大切です。

そしてたるみの原因のひとつに、【むくみ】があげられますが、むくみは余分な水分や老廃物が顔に停滞することで起こります。そしてこのむくみを放置しておくことで、肌が重力の影響で下がってくるので、たるんできてしまいます。むくんでくるのは血行が悪い証拠。顔のむくみをとるには、マッサージが有効です。肌の血行をよくして、老廃物を取り除くリンパマッサージで、たるみを解消しましょう。
顔のたるみを取り除くリンパマッサージ方法>>

さらに、たるみの原因でもある表情筋を鍛えることで、衰えてきた筋力を強め、肌をしっかり支えることができます。普段あまり使わない表情筋を鍛えるには、小顔体操がおすすめ。
表情筋を鍛えてたるみをとる方法>>

また、真皮層で重要な働きをしているコラーゲンですが、女性ホルモンの分泌量が低下すると、コラーゲン生成量も減少してしまいます。特に40才以降は急激に減少するため、女性ホルモンの分泌を活発にさせることも重要です。

さらにスキンケアで、外側から肌をふっくらさせる方法もあります。肌の弾力やハリを保つために、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミドなどを補ったり、これらを生み出す『線維芽細胞』を活性化させる成分をとりいれます。

線維芽細胞を活性化させる成分としては、「ビタミンC誘導体」があります。この「ビタミンC誘導体」は、美肌に効果があるビタミンCを壊れにくく、有効成分が浸透できるように改良したもので、これが真皮層まで届いて、コラーゲン生成を助け、しわやたるみなどを軽減してくれるのです。

またレチノール(ビタミンA)には、表皮細胞に作用して細胞の増殖を促進させ、表皮の厚みを増す作用があります。

さらに女性ホルモンにも、線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を活性化するはたらきがあります。イソフラボンをはじめとした、女性ホルモン様の働きをする成分も、スキンケア化粧品などに配合されています。

顔のたるみをとるリンパマッサージ方法

美肌になる関連記事
美肌のために重要な成分とは?|美肌に効くビタミン|美肌になるカギは女性ホルモン|美肌のカギ・女性ホルモンの分泌を活発にさせるには?|正しいスキンケア方法で美肌になる|美肌は夜つくられる|ニキビの原因とは?|ニキビを防ぐには?|大人ニキビとは?|ニキビを退治する手作り美肌パック♪|毛穴の仕組みとは?|毛穴の黒ずみの原因は?|毛穴ケア・正しい手入れ方法|毛穴ケアのための手作り美肌パック♪|シミができる原因とは?|シミを防ぐ紫外線対策・UVケアについて|シミを防ぐ紫外線対策・UVケアの方法|シミをなくす方法とは?|たるみの原因とは?|たるみをなくす方法とは?|顔のたるみをとるリンパマッサージ方法|表情筋を鍛えて顔のたるみをとる方法|しわの原因とは?|シワをなくす方法とは?|法令線をなくす指圧マッサージ